読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世のワイに期待大

二次元と思ったこと

カルライの感想と見せかけてそうではないかもしれない

※通常のレポや感想とは異なります。そういったものをお探しの方は他を当たってください。

 

 先日のQUARTET NIGHTの単独ライブ、ライブビューイングにて拝見させていただきました。あまりに語彙力のない感想ですが、すごかったです。お金もかかってるし、いろんな方々のたくさんの力が集まってできてるんだろうなとひしひしと伝わってきました。

 具体的にどこがどうでどう思ったかを語りたい気持ちはあるのですが、どうしても言いたいことだけは終演直後の勢いでツイッターで吐き出したので、今回は割愛します。

 ということで、ぼんやり思ったことをつらつらと。

 

【単独ライブ開催はカルナイでよかったと思う】

 あくまで一個人の意見ですよ。

 

 カルナイの単独ライブが決まって、そりゃもう、いろんな意見がありましたね。カルナイばっか贔屓されてるとか、そっちがやるのにスタリ単独をやらないのは嫌だ!とか……。

 私は割と何も思わなかった派(これも極端である)です。まあ1stと2ndはスタリしかいなかったわけだし、平等に機会を与えるなら別にここらでやるのもおかしくないかな……と。

 

 んで、実際に見た上で言わせてもらいます。

 私はカルナイが単独ライブをやってよかったと思います。

 

 そこにあったのはカルナイというユニットにしかできないライブでした。今までのうたプリのライブとは違う、また新しいひとつのライブの形でした。

 正直、これがスタリだったら、「新しい」ライブにはならなかったんじゃないかなーと思います。「なんか最初の時を思い出すね」みたいな感じになったんじゃないかなあ。悪く言っちゃえば昔の焼き直しというか……。

 

 今回のライブで、カルナイは「俺らはこういうライブを作る」っていう姿を見せてくれた。

 それを会場で見ていたST☆RISHの一部の方々もいらっしゃいましたね。

 間違いなく、火がついたと思うのです。「ST☆RISHだったらどんなライブを作ろう」、きっとそんなことを考えたと思うのです。

 

 今後、スタリ単独ライブが開催されることはあるかわかりませんが、少なくとも5月のライブ、そしてもし今後単独ライブがあるとしたら、カルナイ、そしてHE★VENSに負けないST☆RISHの「新しい」ステージを見せてくれるような気がします。

 

 そのためにカルナイは、事務所の先輩として先陣を切って背中を見せてくれたんじゃないかなあ。

 

【いっそオタクカルチャーに抵抗がない人みんなに見てほしい】

 今回のライブ、カルナイ担だけじゃなくスタリ担にこそ見てほしい。

 という意見をちらほら見ました。同感です。キャストのみなさんが本当にST☆RISHの存在を尊敬して、感謝していることが痛いくらいに伝わってきたから。

 

 でも私はあえてこう言いたい。

 うたプリ知らない人にも見てほしいライブだった。

 

 まあ、ハコが小さい上に映画館によってはライビュでさえチケット取れないとこもあったからなかなか難しい話ではあるんですけどね!

 今後円盤が出るとしたら、ぜひ見てほしいです。

 

 本当に気合いが入ってるから。

 はっきり言ってしまえば、金かかってるな!っていう印象。映像もそうですし、無線ライトの演出もそう。

 それから、キャストのパフォーマンスのクオリティが高すぎる。ものすごい努力の成果をまざまざと見せつけられた感じです。

 総じて、質が高い。これはエンターテイメントとして見る価値があると思います。

 

 なんかね、もううたプリとかそういうのを抜きにしても「すごい」と思えるレベルだったんだよ……。カルナイのこれまでの道のりとかを知らなくても、「この人たちすごく努力したんだな」って伝わってくる。スタッフ陣も全力でこのライブを用意してくれたんだなってわかる。

 

 だから、こういう文化にちょっとでも興味があるんだったら見てほしいです。

(中の人がパフォーマンスするのに抵抗があるとか、カルナイが嫌いで1ミリでも彼らに触れたくないというなら別ですよ……。)

 

【やっぱり生の力ってすげーんだって】

 正直、スタリ担でカルナイには興味ないから見なかった人いると思うんですが、上記の理由でやっぱり見てほしいですね。

 さっきの繰り返しになっちゃいますが、うたプリうんぬんというものを抜きにしても、単純にクオリティが高いものを見たときの純粋な感動を味わうことができるから。

 

 それってやっぱり、生の力だと思うんですよ。(※中継含んでね。)

 今この瞬間に、今日という日のために一生懸命準備してきたキャストが全力のパフォーマンスを見せてくれる。キャストが100%の力を発揮できるように、大勢のスタッフの手がかかっているのが目の前でわかる。そしてそれらを支え、押し上げていく観客の光。

 ライブはみんなで作る生の芸術なんですよ。この熱さを感じたら、感動せずにはいられないですって!心が動く瞬間が、自分の中で確かにわかるんです!

 

 ちょっと話ずれますね。

 今、2.5次元って流行ってるじゃないですか。あれ、ハマる人はめちゃめちゃハマりますけど、抵抗がある人もいると思うんですね。私も最初はそうでした。そちらの畑を否定するつもりはないけれど、お金払って観に行くかといわれると……みたいな。

 確固たる信念があって「私は絶対に観ないぞ!」と決めているなら、どうぞその信念を貫き通してください。

 でも、もしちょっとでも興味があるんだったら、悩んでる間にまずは一度足を運んでみた方がいいです。そして、「まずは円盤で……」よりも、できれば最初から生を体感した方がいい。

 

 たぶん、生の力で感動できます。彼らは全力で作品を作っているんです。元々の原作のことを抜きにしても、一生懸命舞台で演じている役者に、素晴らしい演出を見せてくれるスタッフに、素直に「すごい!」と思えるから。その感情を味わえるだけでもお金払って見にいく価値があるというものです。

 

 結局何が言いたいかと言いますと、ライブにせよ舞台&ミュージカルにせよ、生に触れることができるコンテンツは行って損することは少ないから、原作ジャンルを知ってるなら行った方がいいってことです。食わず嫌いはもったいないよ。知らなくても興味があるなら行くべき。それがきっかけでジャンル自体を好きになるかもしれないしね。もちろんその場合は原作への敬意を忘れずに。

 まれに粗悪な出来のものもあるかもしれませんが、彼らも商売でやっているので、基本的にはそれなりのクオリティのものが観られると思います。それより上の段階に行けるかどうかは、あとは制作側の作品への愛の深さですね。

 

【おわりに】

 途中脱線もあって何が言いたいのかあまり伝わらなかったかもしれませんが、とにかく言えるのはカルナイのライブよかった……。たくさんの思い、愛を感じました。

 

 思えば、うたプリのライブって、常に進化し続けてきましたよね。次はどんなライブでみんなを楽しませようって、キャストもスタッフも一生懸命考えて、実現してくれているんだと思います。

 

 次の6thのライブ、HE★VENSが絡むこともあって正直「今回はいいや……」って思ってる人もいるかもしれませんが……逆にそういう気持ちを抱いているファンがいることを踏まえて、どんなライブを彼らが見せてくれるのか気になりません!?私はとても気になります!どうやって不安なプリンセスたちのハートを鷲づかみにするつもりなんだ!制作陣よ!

 

 というわけで、チケットがご用意された方々はぜひ見届けてきてください。

 されなかった方々、まだ一般発売やら機材解放やらがあります!ところでライブ・ビューイング・ジャパンさんはまた動いてくれないんですか!?

 チャンスがあるのに迷っている方々、行かない後悔より行った後悔のほうが、喉元過ぎれば熱さを忘れるです。行ってそれでも「ダメだ!」って思うのも、それはそれで勉強料と思えばいいんですから。

 

 NEXT STAGEは5月へ・・・!期待してます!