来世のワイに期待大

二次元と思ったこと

プリライの感想をハイライトでお送りする

ご縁があって両日行ってまいりました。

4thライブくらいまでは情熱的なレポを書けていたのですが、最近ではキーボードに文字を打ち込むのも下手くそになってしまったので、簡潔に残しておこうと思います。

レポと言うより感想なので、ちゃんとしたやつを見たい方はもっと素晴らしいレポを書いているプリンセスがごまんといらっしゃると思うのでそちらを当たってくださいな。

 

1日目は3塁側スタンド席の比較的前の方。2日目はアリーナA2ブロック(3塁側1列目端から2番目)におりました。

 

【1.マジLOVEレジェンドスター】

へー!1曲目これなんだ!

なんか真ん中のステージに巨大なまんじゅうみたいな風船が出現して「ぱーーーん」と割れたら中にST☆RISHがいた…!

この時私は雪見だいふくみた~い」と検討違いなことを考えていた。

1曲目特有の「わーーー!」という気持ちが強すぎてよく覚えていない…。

 

【2.QUARTET★NIGHT】

この曲大好きだな!笑

両日ともに蒼井くんの「テェ!」が冴えわたっていた。

カルナイかっこいい。

このあたりからしきりに「髪の毛どうしたの!?」ばかり言う私。(主に前野さんに向けて)

 

【3.テンペスト

1日目は雨が降っていることが信じられませんでしたが、2日目は正面のステージに近かったのでマジモンの雨だと確信する。

膝をついて歌うあたりとか鳥肌もんでした。

 

【4.KILLER KISS】

アッ……新曲きちゃった……。

何を隠そう、カルナイの新曲6曲を初めて聞いたのが開演の30分前のことでしたので、こりゃーほぼ初見ですわ!

でも先月1曲しか知らないライブに行っても十分楽しめたので、知らん曲でも盛り上がる自信だけは異常にあった。

ハーモニーがいい感じでしたね。やはりカミュは下パートなんですね。

トロッコで前野さんが目の前を通ってくれて、「髪の毛どうした?」が頭から離れない。

2日目は前野さん結構近くて見れたんですけど、ちらちらと手元の歌詞を確認する様子がよくわかってしまい微笑ましかった。

 

【5.ハルハナ】

歌がうまい……(語彙)

たっつん普段音程とかないようなよくわからない曲を歌ってるのを聞くことが多いから気づかなかったけど、メロディアスな曲歌うと歌がうまいな…。

蒼井くんの歌がうまいのは知ってた。

ハーモニーに痺れる。藍と蘭丸でオクターブ違いユニゾンも非常によい。蘭丸オク下からのソロパートでオク上に戻るところが好きです。

 

【6.Melting of snow】

この曲、30分前に聴いた時「えっ!?これマジでカミュの曲なの!?どうしたの!?」って驚いたんですけど、生で聴いてもその驚きは変わりませんでした。

小道具もたくさん使っていて、なんだかうたプリのアニメで曲が流れる時のPV風の映像観てるみたいで楽しかった。

80年代アイドルみたいでかわいい曲でした。いつもはカミュを意識してか固い表情で歌ってらっしゃる前野さんですが、この曲は曲調もあってか表情が柔らかくて、また新しい一面を見られた気がする。

 

【7.オン・ユア・マーク!】

この曲、サビに入るまでまったく音程がつかめず困惑する…。

ライブ後にちゃんと曲聴いたけど、それでもいまだに音程がつかめずカラオケで歌うのに苦労しそう。

サビは「You're love holic, Lazy holic」が楽しい。

あと覚えているのは森久保さんがよう踊っていたのと、腰を回す振りの時のわかりすぎているカメラワークですかね…。

 

【8.BE PROUD】

なんか噂によると「この曲を聴くと絶対に黒崎の女になってしまう」とうかがっていたのですが、これはなっちゃいますね…。

黒崎蘭丸とバラードずるいなー!

個人的には一般流通CDで6/8拍子の曲を出したのは初だったのでそこに興奮してました。いまだにこの興奮は誰も理解してくれません。だってうたプリって100曲以上あるのに6/8拍子の曲ってこれ入れて3曲しかないんだよ…。

残りの2曲はなーんだ?答えは→「愛のREINCARNATION」「Shining Star Xmas」

それはさておき、鈴木達央歌がうまい…。

ちょうど夕日が沈む頃で、ライティングもいい演出になっていました。

 

【9.シンクロニズム】

えっと…蒼井くん、歌とダンスがうまい…。

かわいい曲ですね。ボーカロイドみたい。ハッピーシンセサイザーを思い出しました。なんか同系統。

「すごいですね!藍ちゃんまるで歌うロボットみたい!」と至極当たり前のことを言ってしまう。

お尻フリフリを執拗に映すカメラワークはもはやセクハラなのでは…笑

 

【10.DAY DREAM】

この曲めちゃくちゃ好きなのでやってくれてよかった。

生で聴いた感想→「すごくわかる。」

途中ボールぶっ放してるのかわいかったです。私が見えた中ではたっつんが非常に生き生きしていた…。蘭丸変換するとかわいい。

あとはスクリーンですわべさんと森久保さんが肩組んでるの視認出来て満足です。

早く円盤で観たいです。落ち着いて観たら泣くと思う。

 

【10.NIGHT DREAM】

昼がきたら夜ということで、この曲もよかった~。

5人が1列に並んでスタンドマイクでパフォーマンスするの、何気に今まであまりなかったので「イイ!」と思った。5人もいると迫力ある。(今までのスタンドマイク人数MAXはカルライでやった4人じゃないかな。)

サビ前の横を指さすような謎の振りで、1番も2番も鈴村さんが必ずスクリーンに映るのがなんかじわじわきた。

デイドリはほぼユニゾンなとこがよくて、ナイドリはハーモニーが好き。

落ちサビ前の間奏で「ウウ~イエ~」みたいな掛け合いを生で聴けたのが非常に満足です。

 

【11.Be the light!】

初めて聴いた時からHAYATOっぽい曲だな~と思っていましたが、まさか本当にHAYATOを連れてくるとは…。CDだとHAYATOの要素を匂わせたトキヤって感じでしたが、ライブではワンフレーズずつ交互にやってました。

なんかどっかで見た図だな……(※〇ミュ CVま〇のともあき)

それにしても忙しなかった(笑)

そういえばこれはトロッコ曲だったので、ソロ曲で本格的な振り付けではないマモルミヤノっていうのも珍しかったかも。

 

【12.初恋をまた始めよう】

 まさか下野さんが客席の間から出てくるとは思わず1日目は非常に驚いた。

そしてまさかこの曲でタオルを振るとは思わず非常に驚いた。

ちなみに、公演前の予想で、「ローラースケートに乗って登場はアリ」と思ってた。(アイドルだからね!)

観客のみなさんはライトを振り回してたんですが、翔ちゃんピンクなので、桜の花びらが舞ってるみたいで「初恋はまるで桜だ」にぴったりで素敵だなって思いました。

翔ちゃんのバラードとっても好き。ありがとう下野さん。

 

【13.Tears in love】

那月の珠玉のバラードですね。

ライブver.でアコースティック仕様になっていて、個人的にはCD音源より好みでした。

楽器隊が出てきた瞬間にテンション上がっちゃったもんね…。

後でツイッター「Aクラスの楽器じゃん…!」という指摘を見かけてますます泣きそうになってしまった。

ただただすごくて、曲が終わったときには放心状態で手を叩いていました…。

 

【14.Give Me True Love】

セグウェイ

いやもうこれしか言えないでしょう。正確に言うとセグウェイのKintoneシリーズな。

いいな~と思って後日調べたら、その後やたらと広告にKintoneが出てきてしまうようになって許すまじ。

というのはおいといて、ふざけて「下野さんローラースケートで出てきてくれないかな~」って言ってたら、まさかの諏訪部さんが似たような小道具で出てきてしまったわけだよ。

すごい…!乗りこなしている…!という感想が強すぎて曲の記憶が薄いので責任取ってほしい。

 

【15.甘美なるアルカディア

 ステージに黒猫を抱いた少年が現れた瞬間に私が思ったこと。

「あの一瞬の登場のためにわざわざキャスティングしたの!?ギャラいくら!?」

映像に映ったのは事前収録の本物のヌッコでしたが、抱いていたのはぬいぐるみらしいです。2日目、アリーナで割と正面のステージに近かったし、ぬいぐるみってこともすでに知っていたのにぬいぐるみだとわからなかった(ポンコツ

ドロンして出てきた鳥さん。間奏の合間とか、最後捌ける時とかもぴょんぴょんしててかわいかった。この人ライブとかイベントごとだとすごいかわいい。なんなの。

今年3回目の生の鳥さんでした。人生で一番生で見てる声優は鳥さんだと思う。

 

【16.I swear...】

最近swearしすぎのうたプリ楽曲ですが、いよいよタイトルにまで来てしまった最強のswear楽曲。

発売されたときからずっと言ってるけど、この曲は聖川真斗史上、最も鈴村健一だと思う。(何を言ってるかわかる人絶対いると信じてる。)

めっちゃ水出てた…。噴水のごとく…。映像の中で無限に続く映し方してるのすごくよかったです。

あと鈴村さん今回のライブよく上にリフトアップする。

 

【17.Brilliant Days】

いい曲だよこれ。伝統の音也って感じ。

いつもNEXT DOOR聴いて精神すり減らした後にこれが流れるから救われる。

子どもが出てくる演出よかったです。てらしー子どもとの図似合うな。

セシルの時の子もここで出番あったんだなと安心(?)する。

最後、宮野トキヤが「オトヤッ!!」って出てくる演出は神すぎた…。

ST☆RISHの仲間に迎えられる図が最高でした。こんなん泣く。

 

【18.マジLOVE1000%】

音也曲の後にシャイニング事務所全員集合してやっとMCあったんですが、1日目は驚きの高速っぷりで過ぎ去っていき、2日目もそんなに長くなかったです。

MCまきすぎィ!ってユニゾン水曜に送ろうかと思った。

てらしーが「初めて全員で歌ったあの曲……!」って言うから、絶対「GOLDEN☆STAR」だと思ったら違った。同じこと思った人たくさんいると思う。

先輩もパート振ったバージョンの音源、どっかで盤にしてくれないかな……。

劇場版のタイミングかな…。

 

【19.HE★VENS GATE -Beginning of the Legend-】

わりとずっと「HE★VENSまだかな…」って思ってたんですが、あまりに気配がないので忘れかけていたその時、瑛一の声がして……きたーーー!

アニメで登場したときみたいに出てきて感動したわ。

あと2日目はゆうまたそ近くてめっちゃテンション上がった。若い子だいすき。

この曲めっちゃ楽しい。カラオケ行くと絶対「エンジェールス」の振りをしてしまう。

出来ればこの振りを一糸乱れぬ感じでやってほしかった。

 

【20.HE★VENLY PARADE

その前にMCありましたね。1日目はLINEの話で、2日目はそれぞれHE★VENSを意識して努力してきたことを披露。HE★VENS結成して間もないはずなのになんだか家族感あって推せる。(中も外も。)

この曲は1人1台トロッコ曲でした!アリーナの通路を縫うようにトロッコが動く。キャストが近づくとその周辺がそのキャラのイメージカラーにばーっと変わっていくんですね。1日目はその様子を上から見るのが楽しかった。

2日目は小野Dと高橋さんが近くを通ったので一生懸命ライト振りました。

長いオタク人生の中で小野Dを生で見たのは初めてだったのでなんだか感慨深かったです。あと高橋さんガタイいいマジ。

 

【21.Mighty Aura】

ついにきてしまったよこの曲が!正直この曲を聴くためだけにライブに来たと言っても過言ではない(笑)

いやはやすごかった…。もうなんも言えねぇ(笑)

最初、アニメの時みたいにアカペラで始まる演出も鳥肌もんだし、歌い始めて歌で殴り合ってる感じがほんとたまらん。

あのマモルミヤノに張れるゆうまたそすごいな!?歌えるし踊れる!これが近年の若手声優かー!

最後、歌い終わって熱く抱擁するところとか、宮野がゆうまたその頭ぽんぽんするあたりやばくてもうほんと語彙がなくなった(完)

 

【22.Grown empathy】

 トロッコ曲でした!かわいいよねこの曲。

あと意外と2人の声の相性がいい。ハモりが楽しい。ナギって下パートもいけるんだね。

1日目、サビのところでちょうど目の前にウイングさんがとまってパフォーマンスしてくれて、とにかく最高にキュートでした…。ほんとに男かよ…。

手のひらに「Let’s shouting」って書いたのがモニターに映った時は最高にテンションが上がった。(でもアニメでそれを実際にやっていたことをすっかり失念していた。)

私やっぱりウイングさんの声真似できる予感がするから頑張って修行します(関係ない)

 

【23.Lasting Oneness】

キターーーーーーー!となぜか局地的にテンションが上がってたこの曲。

(以前、カラオケでデュエットして以来気に入ってしまった。サビ前の「ラスティン」と「ワンネス」が楽しすぎるねん…。)

もはや聖川のことをラスティンさん、綺羅のことをワンネスさんと呼んでいた

それぞれリフトアップして、サビの「ラスティンワンネス」でそれぞれのお顔が2分割でモニターに映るのじわじわきた。「オリジナルレゾナンスッ」と同じくらい面白かった。

最後まで2人が近くで歌わないのはちょっとさみしかった…。

 

【24.Lovely Eyes】

曲流れてもどこにいるかわからず、まさかスタンド席の間をトロッコが走るとは夢にも思っていなかった…!

1日目はヴァンくんが現れないトラブルが起こり、私も一生懸命ヴァンパートを歌……

おうと思ったら、いざとなるとまったく記憶が機能せず鼻歌するくらいしかできなかった…。

2日目はちゃんと登場出来て「よかったねぇ~~~!」と母の気持ち。

1塁側と3塁側から中央に向かってトロッコが走っていくわけですが、「ちゃんと曲ピッタリでトロッコ到着するんだろうか…」とどうでもいいことを考えながら見守っていた…。(そしてまた曲の記憶が薄くなる)

 

【25.Visible Elf】

正面ステージ両サイドにでっかいボールみたいな装飾があったんですよ。

まさかそれが気球で浮くだなんて夢にも思わなかったよね。

それにキャストが乗ってるだなんて想像もしてなかったよね。

しかもその気球、動くなんてね!しかも人力!!

下でスタッフさん数名がひも的なものを引っ張って誘導していた…。

こっちサイドは鳥さんが近くて、ゆったり手を振りながら歌う鳥さんはマジで王族のようでした…。神々の遊びだな…。

 

【26.JUSTICE IMPULSE】

めっちゃライブ映えしそうな曲だなとかねてから思っておりましたが期待通りでニヤリとしました。コーレスめっちゃ楽しい!!

これもまた、マイティーオーラとは別ベクトルで歌で殴り合う曲。

そして突如宙づりになって殴り合いも始めたんですが…(笑)

いやもうワイヤーアクションは今回はないと思ってたよ!(笑)

下野さんがいる限りそこは外せないんだろうか…。そしてそれに付き合わされる高所恐怖症らしいきむりょ…(さすがプロである)

2人が空中でぶつかり合う時のSEがチープすぎて笑ってしまった。

 

【27.NEXT DOOR】

これは死ぬ。

開始数秒で死んだ。正確に言うと、棒立ちで歌う寺島拓篤がモニターに映った瞬間に知んだ。

明らかに広がった動揺、上がる悲鳴。

これをライブでやってのけるタクマテラシマ、パネェっす……。

1日目はさすがの私も動揺して、小声で「無理」って呟いてた。

翌日、ライブ前には「NEXT DOOR地雷です」って言ってた。

2日目は展開がわかっていたこともあって、てらしーが1番で歌詞間違えた(2番を歌った)のも冷静に気づいたけど、それでも無理なものは無理ー!

この曲って、CDだと次に音也のソロがあるから聞けるようなものなのに、これだけだと救いがないよぉ…。確かに歌が結末までいくと少しが光が見えるけど…でも…。

後日、タクマテラシマがこの曲の自分のことを「1人ミュージカル」と称していたのが面白かったので許す。

 

【番外編】

確かここで今までのプリライの映像がマジLOVEシリーズの歌にのってハイライトで流れた気がするんだけど、映像でもちゃんとコーレス入れる会場のノリノリ感よかった。

でも、なんでマジLOVE2000%翔パート「ワクワクすーるぜー!」はコーレスでもないのにみんな合唱してたんだろう…(笑)

 

【28.God's S.T.A.R.】

こっから怒涛の最終決戦だぜ!

やっぱりカルナイかっこいいなー!ハモりまくってるのも気持ちいい。

みんなでウォウウォしまくるのもたのしー!欲を言えばそのままのノリでKIZUNAのウォウウォもやりたかった(笑)

 

【29.不滅のインフェルノ

すごく思ったのが、HE★VENSってめちゃくちゃ若手に働かせるんだな…!」(笑)

まあ自然の理なんですけどね!若いのが頑張って動く!いいじゃないですか!

どっしり構えるベテラン組もそれはそれでオーラ半端なくてかっこいい。

あとこの曲は鳳瑛二のラスボス感が大好きなので生で見れてよかったです。

 

【30.WE ARE ST☆RISH!!】

このライブの直前に円盤最終巻をゲットしたのでフル聞いてからライブでもよかったんですが、フルを初めて聞くのがライブっていうのもオツかなあと思ったのであえて聞かないで臨みました。

嘘です、怠惰でパッケージすら開けてなかっただけです。

でも初フルがライブでよかったかも。月並みな感想で申し訳ないけど、感動しました。

最後の決めポーズ、初日は「あの珍妙なポーズなんだろう…(特に鈴村さん)」なんて失礼なこと考えていたんですが、あれ、アニメでもやってたST☆RISHのポーズだね!?!?

イイ…!落ちサビのとこもちゃんとアニメどおりやってくれたし…!

はやくもういっかい正面から見たいです。

 

【31.夢を歌へと…!】

ウィアスタリが最後の曲かわかんなかった(笑)からうまくアンコールできなかったよ~!あのSSSのナレーションの声で「これにて決戦ライブは終了です!」とか入れておけばよかったのに…。

さてさてアンコールです。私的には1曲目にくるんじゃないかと思っていたこの曲がアンコールにきました。

1塁側、3塁側からそれぞれトロッコが出て、3塁側はST☆RISHが来てくれました~!

1日目はもう時間が遅かったこともあってか私の前3列くらいが軒並みお帰りになられてしまい、私の席がちょうど前を通るトロッコがよく見えるという神席に変身した!

にもかかわらず、カルナイパートをバックに激しく踊り出した宮野さんばかりが目に入って他のキャストの記憶がほとんどない!!笑

2日目はマモちゃんの投げキッスを拾ってフッと飛ばすてらしーの図を視認できたので満足。

この曲ディズ〇ーのパレードみたいで好きです。

 

【ご挨拶】

やっと全員揃ったところが最後の挨拶というお決まりの展開でございました。

1日目は矢のごときスピードで過ぎ去っていった(笑)内容よく覚えてない(笑)ただのあいさつ(笑)

2日目はまさかの涙ラッシュで、ちょうど数日前に友人とした会話を思い出しながら「マジでごめん…」って思ってた。

 

~回想~

ST☆RISHってファイナルライブでも泣かなそう

「わかる。カルナイは蒼井くんから泣くけどね」

「カルナイはつられて全員泣く。ST☆RISHは絶対に誰も泣かない。むしろ泣いてる人指して「泣いてる~!」って笑いそう

※予想:普通に泣かない→寺、鈴、諏、下、鳥/指さして笑う→谷、宮

 

大変失礼いたしました!!

からの最後までの流れ、こっちも泣けたよ…。涙は出てないけど…(?)

しかし蒼井くんのあいさつの時に泣いてる高橋さん抜かれるのはちょっと面白かった。

誰かのあいさつで他の人が泣いてるのを抜くのはずるい。たっつんの時もちょっと面白く思ってしまったごめん。とにかくカメラがいい仕事しすぎてた。

あと聞いてるうちにだんだん「年を取ると涙もろくなる説」が頭をよぎってしまった。

感動のご挨拶の内容などは他の人がちゃんと書き残していると思うのでそちらをご参照ください。

後日、火曜ユニゾンでカッキ―が「声優イベントあるある」を紹介してたんだけど、「代永翼が泣きがち」って言ってて「なるほど…」と納得してしまった。

 

【32.マジLOVEレジェンドスター】

「最初聞けなかった人もいるよね~!?」みたいな導入をしたせいで、「本当はラストこの曲じゃなかったのでは…!?」と疑っている人もいるようですが、私は最初からこの曲がラストで間違いなかったと思う。なぜならアニメの最終話の最後もこの曲だったからです。

というわけでラストー!やっぱりこの曲はEDのイメージが強すぎて最後にきたほうが似合うな…。

2日目はまもちゃんが泣いて歌えなかったりで、なんかうるうるしてしまった。隣で支えるてらしーの図がまたたまらん。

ほんと語彙力のない感想ですが、伝説になったな…と思いました。

 

【まとめ】

いろいろありましたがライブ自体は楽しかったです。

何より、うたプリが好きだなあという気持ちを思い出せてよかった。

何回もソウルジェム濁ったけど、こうして浄化させてくれたプリライ本編すごい。

ライブに携わったすべての人にありがとう。

劇場版、楽しみにしています。

 

(おわり)

カルライの感想と見せかけてそうではないかもしれない

※通常のレポや感想とは異なります。そういったものをお探しの方は他を当たってください。

 

 先日のQUARTET NIGHTの単独ライブ、ライブビューイングにて拝見させていただきました。あまりに語彙力のない感想ですが、すごかったです。お金もかかってるし、いろんな方々のたくさんの力が集まってできてるんだろうなとひしひしと伝わってきました。

 具体的にどこがどうでどう思ったかを語りたい気持ちはあるのですが、どうしても言いたいことだけは終演直後の勢いでツイッターで吐き出したので、今回は割愛します。

 ということで、ぼんやり思ったことをつらつらと。

 

【単独ライブ開催はカルナイでよかったと思う】

 あくまで一個人の意見ですよ。

 

 カルナイの単独ライブが決まって、そりゃもう、いろんな意見がありましたね。カルナイばっか贔屓されてるとか、そっちがやるのにスタリ単独をやらないのは嫌だ!とか……。

 私は割と何も思わなかった派(これも極端である)です。まあ1stと2ndはスタリしかいなかったわけだし、平等に機会を与えるなら別にここらでやるのもおかしくないかな……と。

 

 んで、実際に見た上で言わせてもらいます。

 私はカルナイが単独ライブをやってよかったと思います。

 

 そこにあったのはカルナイというユニットにしかできないライブでした。今までのうたプリのライブとは違う、また新しいひとつのライブの形でした。

 正直、これがスタリだったら、「新しい」ライブにはならなかったんじゃないかなーと思います。「なんか最初の時を思い出すね」みたいな感じになったんじゃないかなあ。悪く言っちゃえば昔の焼き直しというか……。

 

 今回のライブで、カルナイは「俺らはこういうライブを作る」っていう姿を見せてくれた。

 それを会場で見ていたST☆RISHの一部の方々もいらっしゃいましたね。

 間違いなく、火がついたと思うのです。「ST☆RISHだったらどんなライブを作ろう」、きっとそんなことを考えたと思うのです。

 

 今後、スタリ単独ライブが開催されることはあるかわかりませんが、少なくとも5月のライブ、そしてもし今後単独ライブがあるとしたら、カルナイ、そしてHE★VENSに負けないST☆RISHの「新しい」ステージを見せてくれるような気がします。

 

 そのためにカルナイは、事務所の先輩として先陣を切って背中を見せてくれたんじゃないかなあ。

 

【いっそオタクカルチャーに抵抗がない人みんなに見てほしい】

 今回のライブ、カルナイ担だけじゃなくスタリ担にこそ見てほしい。

 という意見をちらほら見ました。同感です。キャストのみなさんが本当にST☆RISHの存在を尊敬して、感謝していることが痛いくらいに伝わってきたから。

 

 でも私はあえてこう言いたい。

 うたプリ知らない人にも見てほしいライブだった。

 

 まあ、ハコが小さい上に映画館によってはライビュでさえチケット取れないとこもあったからなかなか難しい話ではあるんですけどね!

 今後円盤が出るとしたら、ぜひ見てほしいです。

 

 本当に気合いが入ってるから。

 はっきり言ってしまえば、金かかってるな!っていう印象。映像もそうですし、無線ライトの演出もそう。

 それから、キャストのパフォーマンスのクオリティが高すぎる。ものすごい努力の成果をまざまざと見せつけられた感じです。

 総じて、質が高い。これはエンターテイメントとして見る価値があると思います。

 

 なんかね、もううたプリとかそういうのを抜きにしても「すごい」と思えるレベルだったんだよ……。カルナイのこれまでの道のりとかを知らなくても、「この人たちすごく努力したんだな」って伝わってくる。スタッフ陣も全力でこのライブを用意してくれたんだなってわかる。

 

 だから、こういう文化にちょっとでも興味があるんだったら見てほしいです。

(中の人がパフォーマンスするのに抵抗があるとか、カルナイが嫌いで1ミリでも彼らに触れたくないというなら別ですよ……。)

 

【やっぱり生の力ってすげーんだって】

 正直、スタリ担でカルナイには興味ないから見なかった人いると思うんですが、上記の理由でやっぱり見てほしいですね。

 さっきの繰り返しになっちゃいますが、うたプリうんぬんというものを抜きにしても、単純にクオリティが高いものを見たときの純粋な感動を味わうことができるから。

 

 それってやっぱり、生の力だと思うんですよ。(※中継含んでね。)

 今この瞬間に、今日という日のために一生懸命準備してきたキャストが全力のパフォーマンスを見せてくれる。キャストが100%の力を発揮できるように、大勢のスタッフの手がかかっているのが目の前でわかる。そしてそれらを支え、押し上げていく観客の光。

 ライブはみんなで作る生の芸術なんですよ。この熱さを感じたら、感動せずにはいられないですって!心が動く瞬間が、自分の中で確かにわかるんです!

 

 ちょっと話ずれますね。

 今、2.5次元って流行ってるじゃないですか。あれ、ハマる人はめちゃめちゃハマりますけど、抵抗がある人もいると思うんですね。私も最初はそうでした。そちらの畑を否定するつもりはないけれど、お金払って観に行くかといわれると……みたいな。

 確固たる信念があって「私は絶対に観ないぞ!」と決めているなら、どうぞその信念を貫き通してください。

 でも、もしちょっとでも興味があるんだったら、悩んでる間にまずは一度足を運んでみた方がいいです。そして、「まずは円盤で……」よりも、できれば最初から生を体感した方がいい。

 

 たぶん、生の力で感動できます。彼らは全力で作品を作っているんです。元々の原作のことを抜きにしても、一生懸命舞台で演じている役者に、素晴らしい演出を見せてくれるスタッフに、素直に「すごい!」と思えるから。その感情を味わえるだけでもお金払って見にいく価値があるというものです。

 

 結局何が言いたいかと言いますと、ライブにせよ舞台&ミュージカルにせよ、生に触れることができるコンテンツは行って損することは少ないから、原作ジャンルを知ってるなら行った方がいいってことです。食わず嫌いはもったいないよ。知らなくても興味があるなら行くべき。それがきっかけでジャンル自体を好きになるかもしれないしね。もちろんその場合は原作への敬意を忘れずに。

 まれに粗悪な出来のものもあるかもしれませんが、彼らも商売でやっているので、基本的にはそれなりのクオリティのものが観られると思います。それより上の段階に行けるかどうかは、あとは制作側の作品への愛の深さですね。

 

【おわりに】

 途中脱線もあって何が言いたいのかあまり伝わらなかったかもしれませんが、とにかく言えるのはカルナイのライブよかった……。たくさんの思い、愛を感じました。

 

 思えば、うたプリのライブって、常に進化し続けてきましたよね。次はどんなライブでみんなを楽しませようって、キャストもスタッフも一生懸命考えて、実現してくれているんだと思います。

 

 次の6thのライブ、HE★VENSが絡むこともあって正直「今回はいいや……」って思ってる人もいるかもしれませんが……逆にそういう気持ちを抱いているファンがいることを踏まえて、どんなライブを彼らが見せてくれるのか気になりません!?私はとても気になります!どうやって不安なプリンセスたちのハートを鷲づかみにするつもりなんだ!制作陣よ!

 

 というわけで、チケットがご用意された方々はぜひ見届けてきてください。

 されなかった方々、まだ一般発売やら機材解放やらがあります!ところでライブ・ビューイング・ジャパンさんはまた動いてくれないんですか!?

 チャンスがあるのに迷っている方々、行かない後悔より行った後悔のほうが、喉元過ぎれば熱さを忘れるです。行ってそれでも「ダメだ!」って思うのも、それはそれで勉強料と思えばいいんですから。

 

 NEXT STAGEは5月へ・・・!期待してます!

禁フェス69感想

 いろいろあって心が荒んでいるのですが、そういえば日曜は毎年恒例の禁生のイベントがあって、思い返すと意味不明で楽しかったなあ~~~~と元気づけられたのでちょっとだけ感想をば。貧乏なので夜の部のみです。

 (一緒に行った友人が前野くんがお好きなようだったのでその影響で前野くん贔屓の感想になります。あしからず。)

 

2017.2.26 禁断生フェスティバル69夜の部@TOKYO DOME CITY HALL

出演(敬称略):鳥海浩輔安元洋貴保村真、てらそままさき、速水奨&ナース(景山梨彩)、たかはし智秋withグッドルッキングガイ(杉浦ジュリアン、ランズベリー・アーサー)、KENN、前野智昭

 

【登場】

 禁生のイベントって、必ず中央にリングがあるんです(笑)リングがステージなんです。もうすっかり慣れきってしまいましたが、よく考えたらリングがある声優イベントって普通じゃないな・・・?

 今回は友人のおかげでリングからわずか数列という非常に近い座席でした。こ、これは高まる・・・!

 

 

 それだけでも大満足だったんですが、まさかの入場がステージ下だったので、普通に近くの通路を通ってキャストが登壇していきました。初めて10m以内で前野くんを見た気がするよ・・・。

 あとね、はじめての生けんぬさん!!まさかこんな近くで見られるとは・・・。イケメンありがたい。

 

 実際リングに上がってもやっぱり近くてですね~。立ち位置的に鳥さんが近くて、もう一生分の鳥さんを摂取した気がする。安元さんは1月に別イベで拝見しているのでお久しぶり感。てらそまさんが服を着ている・・・!アロハだけど(笑)ヤス~~~!なんで体操服じゃないんだよ~~~(笑)Dr.速水は相変わらずの白衣で、ナースの景山さんやっぱりかわいかった~!そして何よりちあキング!美しい~~~~!!タイトなミニスカから見える足!豊満なおっぱ・・・顎!!これでアラフォーなんだぜ・・・?嘘やろ・・・?あとグッドルッキングガイどっかで見たことある人いると思ったらやはりランズ兄だったwけんぬくんはかわいいねぇ~。前野くんは休日に東京ドームに現れるただの巨人ファンだった。

 ちなみに汁人はみんな前野の応援歌(おーーーーおーーおーーまーえのーーーーまえーのともあき!)が歌える。

 

【禁断キャミ切り人生相談室】

 冷静に考えて、お悩み相談でキャミの肩紐を切るコーナーっていうのもどうかしてるよね。相談者さんも特に抵抗もなくキャミを着用するw

 

 1人目の相談は「お父さんが髪を切ってくれません」。なんと腰のあたりまでの長さの髪をお持ちのお父様がいらっしゃるとのことで・・・。

 みんな適当なこと言ってたけど、最終的にマーチンの靴を履くということでまとまった(笑)

 

 問題はこの後なんですよねぇ・・・。キャミそま様の登場~~~!!

 

 えっ・・・。

 

 まって。

 

 率直に言って・・・。

 

 怖いですwww

 

 衣装がなんかすごかった・・・。よく覚えていないけどとにかくすごかった・・・。覚えてるのは股間がガッチガチだったことだけだよぉ・・・(※事実です)。ニコ生が入ってないからってやり過ぎだろwwwこんなん見せられたら悩みとかどうでもよくなるw

 

 ちょっきーーーんして2人目の相談は、「夫がナルシストすぎる」。なんと夫婦そろってのご登壇となりましたw

 なかなか辛辣な奥さんだったけど、きっとこれはツンデレなんだろうな!夫婦で禁生イベにくるなんてうらやましいぜ!

 夫の「愛してる」に安元さんがアテレコするの笑ったw

 

 こちらのちょっきーーーんでは、まさかのキャミそまさんが着替えてきたんだけどwwwあとちあきんぐ引き連れてきたwおそらくキャミそまさんがマイケル・ジャクソン、ちあきんぐがマドンナイメージでした。美しい(後者が)。

 

 

【すごろく】

 禁生といえば、会場全体を使ったお遊びをするのが大好きなのですが(前回はかくれんぼをやった)、今回はすごろく対決でした!鳥さんと安元さんを中心に紅組白組の2組に分かれました。ちあきんぐは司会進行、やっさんはグッドルッキングガイ(偽)ですw会場内にマスがおかれて、そこをキャストさんが歩きます。

 

 特に印象的だったのは、柱にもたれかかって完全にオフってる前野くんwwwマスに止まったらお題が出題されてそれをこなさないといけないから、相手チームのターンだと完全にヒマをもてあますんだよねwステージ上ではめったに見られないショット、ありがとうございましたw

 

 あとはマスを移動するときに「美女におぼれた~~~い」とか言いながら席と席の間に果敢にも飛び込んでいったけんぬとまえぬかな・・・。通路じゃないんですよ、席と席の間のせっまーーいところです。あの、劇場に来たら席が真ん中で、「すみませーん・・・」って言いながら通っていくあの感じ!最初は「おぼれた~~~い」ってノリノリだったのに、早々に「あっごめん、荷物踏んだかも。あ、すみません」とか素になってるの笑った。それにしても該当座席のみなさんはラッキーである。

 

 マスに止まった時のお題はほぼほぼ宣伝だったんですが(笑)、禁尻の宣伝の時に喋ってるのが江口くんだけで、西山くん一切喋らないから察したよね・・・(あっ、これ西山くんインフルエンザ休業の時に録ったやつだ・・・)。

 お題の中でも最も盛り上がったのはおなもみクローバーZことおなクロちゃんの新曲ミュージックビデオ披露!!も~~~ほんっっっっとおなクロちゃんかわいい;;;;ちなみに作詞は鳥海さんw

 ここでおなクロちゃんの振り付けを見ながらダンスを踊り、どちらのチームがよかったかお客さんの拍手で決めるダンス対決が!きらっきらのアイドルソングをおっさんたちが踊るwww

 前野くん近くだったから結構よく見えたんですが、一生懸命踊ってたよ!結構うまいwさすがダンス慣れしてきてるだけある・・・。

 あとね、鳥さんわりと踊れてた!!www「私作詞しましたから(ドヤ)」wwwねぇみんな、鳥さん踊れるんだよ・・・本当は踊れるんだ・・・ねぇ・・・5月も踊って・・・w

 勝者、鳥さんチームでした!位置的にけんぬのダンスあまり見えなかったのだけが心残り・・・。

 

 で、すごろくなんですが、あわよくば前野くんが私の席の近くで止まってくれる・・・!?ってくらいマスが近かったんですが、相手チームの安元さんが強い目を出したせいで一気にゴールインしてあっという間の終了wwwww前野くんはマスに止まることなく駆け抜けてリングに戻っていったよ・・・。はは・・・。

 

【ボイスプロレス】

 禁生イベントといえばこれ。初めて見たときは「なんだこれ・・・」と正直引いていたのですが、キャストの登壇に大盛り上がりになる私はもうすっかり毒されてしまっている。

 ボイスプロレスとは、なんかおもしろいとかなんとなくやらしい単語を叫ぶことで相手に攻撃を与える格闘技です。何を言っているのかわからないかもしれませんが、私も何を言っているのかわからないので大丈夫です。レベルとしては中学2年・・・いや、小学生レベルの競技ですw

 

 入場はみなさんそれぞれ自分のテーマ曲とともにプロレスみたいに入場するんですwで、リングに上がったら客席から紙テープを投げ入れるwまあ私プロレスの入場見たことないんですけど。非常に不思議な光景ですw声優のイベント・・・とは・・・。

 

 ボイスプロレス、今回の目玉はなんといっても自分でツボってしまった鳥さんwちなみにその単語はランズ兄が代理で言ってくれたんですが・・・

 

 マール・ポッカートニー

 

 普通に「ポール・マッカートニー」だと思って読もうとしたら、よく見たら「マール・ポッカートニー」でおもしろくなっちゃったんだとかw確かにこれは脱力するわw予想外のパワーワードの出現にキャスト一同大盛り上がりでしたwww

 

 ちなみに優勝はキャミそまさんで、めでたく将軍の名をゲットしました。(何を言ってるのか略)

 

【総括】

 優勝したキャミそまさん、昼の部で将軍の座を奪われたただのばっちこいと暴れんNuに将軍の名を返してあげました!

 これでめでたくばっちこい将軍と暴れんNu将軍に戻ったよ!突然2人で謎の朗読劇始めてたし、最終的にアツい抱擁を交わしていてよくわからないけど感動したよ(??)

 

 最終的にキャミそまさん「これからみんなでキャミクラに行こう!」とみんなを引き連れていくwww

 こうして「キャミクラ幕府」がここに開かれたのだった・・・。(何を言っているのか略)

 

 いや~、最初から最後まで意味不明なことばかりでしたが非常に楽しかったです。しかも約3時間にも及ぶ大ボリューム・・・!今回はニコ生中継がなかったこともあって、いつも以上にギリギリを走っている印象でしたwもしかして円盤化もされないパティーンかな・・・!?(もしかしてだからチケ代高かったのかな・・・!?)

 あと禁フェスは声優さんとの距離が近くて好き!近くてもトラブルが起こらないっていう汁人のモラルの高さも好き!そのあたり信頼されてるなあとひしひしと感じるので(安元さんとかは実際に言葉にしてくれるしね)、これからもその気持ちを裏切らないように気をつけていきたいですね。

 

 また禁フェスやってくれるかな~!意味不明だけど性懲りもなく参戦すると思います\(^o^)/

 

 

【A3!】茅ヶ崎至を好きになってしまう3つの理由

※注意※

この記事はアプリゲーム「A3!」のネタバレをふんだんに含みます!

また、記事作成にあたり、ゲーム本編のスクリーンショット、セリフ等を引用した箇所があります。

 

 

 この間リリースされてにわかに流行っているこの劇団員育成ゲーム・・・。

 自分も顔のいいイケメンにほいほいされてちゃっかり事前登録から準備していた上に、リリース後はリセマラまでしてなかなかの本気を出してしまいました。おかげさまで初見で推しにした一成くんのSSRは手に入りましたが・・・。

 

 まさかこんなところに沼キャラがいたとはな!

 

 春組!

 

 茅ヶ崎至!!

 

 普通さあ~・・・春夏秋冬で分かれてるなら、沼って夏か秋あたりにあるんじゃないの?まだ春だよ?ジャブじゃないの??

 そもそも最初ノーマークだったのに、春のストーリー読んだらまんまと落ちました。

 というわけで、以下は至さんに関するダイレクトマーケティングになります。

 

 

茅ヶ崎至を好きになってしまう理由①

【スペックが高い】

 見ればわかると思うんですが、まずもって顔がいいです。正統派王子様な顔面と髪型・・・。そして優しげな微笑み・・・。

 その見た目通り中身もいい人。春組の中で最も年長ですが、年長さんらしくみんなを温かい目で見守っております。

f:id:urokonoheya:20170211000101p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 気になる中身のステータスですが、本業は一流商社に勤めるサラリーマン!現在就職2年目とのこと。23歳(おそらく春時点の年齢?)なので、大卒ですね。

 社内でも人気の王子様らしいです。イケメンの上に人当たりがいいからなあ。

f:id:urokonoheya:20170211000133p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 公式プロフィールはこんな感じ。

f:id:urokonoheya:20170210234919p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 

茅ヶ崎至を好きになってしまう理由②

【思わず共感してしまう趣味】

 と、上記の理由だけだと「まあよくいる王子様キャラかな?」で終わるんですけど、茅ヶ崎至はそこで終わる男ではないです。

 なんと彼、ヒロイン+劇団の仲間をびっくりさせる裏の顔がありまして・・・。

 

 それが、重度のゲーマー(笑)

 

 ゲーマーモードの彼ははっきり言って別人です。二重人格キャラ?と思うほどに性格が豹変します。

f:id:urokonoheya:20170211000202p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 あの人当たりのいい至さんはどこへやら、ゲームのことしか考えていない、はっきり言ってクソ男(笑)

 服装もダサい(笑)干物過ぎ(笑)前髪上げるのは顔がいいからお似合いですけど・・・。

f:id:urokonoheya:20170211000221p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 「裏の顔」と書きましたが、裏じゃなくてこっちが表、素なのかもしれません。

 こっちの顔を知った後に外向けの至さんの態度を見ると・・・幸くん(夏組メンバー)の言葉を借りればまさに「インチキエリート」。

f:id:urokonoheya:20170211000258p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 オンラインゲーム、スマホゲーム、コンシューマゲームと、ありとあらゆるゲームに手を伸ばしている様子。

 そしてゲームのことがわかる他の団員の証言から見るに、重度の課金廃。

 MANKAIカンパニーに入団したのも、住宅費と食費を浮かせてその分ネトゲにつぎ込むためだったとか。

 ゲームで忙しいだろうに朝練に参加してくれるのはなぜだろうと思えば、「早起きするとソシャゲの体力無駄にしないからいいかなと思って」。

f:id:urokonoheya:20170211000346p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 徹底してますね。

 でもゲームにハマったことがある人なら、この気持ち少しはわかるんじゃないかな・・・(笑)

 茅ヶ崎至のゲーマーっぷりを書き出してたら、だんだん「これって私のことか・・・!?」って気持ちになってきたよ・・・。つらい・・・。

 

 そんな至さん、我々の胸に響く数々の名言を残しております。

 

「は?課金厨なめんな」

 

 わ、わかるーーー!!(共感の嵐)(つらい)

 

 ってなるのでぜひプレイして確かめてください(笑) 

 

 

茅ヶ崎至を好きになってしまう理由③

【二次元とリアルの絶妙なバランス】

※第一章の春組ストーリーのクライマックスに関する盛大なネタバレがあるので注意してください。

 

 こういう「みんなで何かを目指す」タイプの物語に必ず1人はいる「やる気のない人」枠。茅ヶ崎至はいわゆるこの枠に当たるんですが、今までのやる気のない人とはひと味違います。

 

 従来のやる気のない人枠では、「練習に出ない」という行動パターンが鉄板でしたが茅ヶ崎至は違います。

 彼は練習にはちゃんと出るんです。練習メニューも一応はこなす。だけど練習を見に来た劇団OBからはバッサリ切られてしまいます。「やる気がないなら帰れ」と。

 

 至さんのサボり方は実にリアルでした。

 たとえば、「体調が悪いから練習を休ませてほしい」、「ちょっとトイレ」。本性を見た後だと「あー、ゲームしてるな・・・」ってバレバレなんですけど、こういう人、現実世界にも実際いますよね(笑) っていうか自分自身にも少々身に覚えがあるような・・・。

f:id:urokonoheya:20170211001111p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 

 でも練習にはちゃんと出るんですね(笑)ゲーマーバレしてからは練習に来なくなるのかな?って思ってたんですが、練習には来たし、朝練にもちゃんと参加してくれました。(ゲームの体力消化のためでしたけど・・・。)

 外面は大事にするあたり、普段サラリーマンやってるだけのことはあるなあ・・・と。

 それに、春組の他のメンバーに迷惑をかけたくないっていう思いもあったんです。演劇に興味はないけれど、所属した以上は組織に迷惑はかけない。きっと根はいい人なんでしょうね~。

 

 そして、彼なりに考えた末に、彼は「やめる」という選択をします。みんなとの温度差を感じて、引き返せないところで迷惑を掛けるよりも、早いうちにやめたほうがお互いのためになると考えたんですね。その考えはもっともで、合理的だと思います。

 三次元だったら(1回くらいは引き留めるかもしれないけど)ここでお別れでおしまいですが、ここはやはり二次元の世界、ヒロインちゃんの熱い説得で「稽古中のロミジュリの公演が終わるまでは続ける」ということで、退団は一度保留になります。

 

 このことは春組のみんなとも共有するんですけど、春組のみんなが「至さんやめないで!」とどうにか引き留めようとする姿が微笑ましくてほっこりします。至さんもそんな彼らの様子を見て笑顔になってたんですよ。これは心揺らいじゃうよね・・・。

 ヒロインちゃんの「演劇には今でも全然興味ないんですか?みんなと舞台に立つことなんて、どうでもいいんですか?」って問い詰めるところ、胸にぐっと響きました。少しの情もなかったら、そもそも最初から練習出ないよ普通・・・。

 

!ここからクライマックスに関わる重要なネタバレなので、反転しておきます。

 

 そんなこんなで公演が始まり、千秋楽。至さんは前日の公演でアクションの着地に失敗し、足を痛めた状態で舞台に上ります。このことに気づいたのはシトロン(春組メンバー)だけ。至さんは「他のみんなには内緒にしてほしい」と頼みます。余計な心配かけたくないから・・・。なんだよめっちゃいい奴じゃん・・・!

 

 なんとか足をかばって演じていた至さんでしたが、至さんが最後に倒れなければならないシーンで、反射的に足をかばったせいで段取りと違う動きになるアクシデントを起こしてしまいます。一瞬止まる芝居。監督のヒロインちゃんが「いったん幕を下ろすか」と思ったとき、助け船が入ります。

 とっさに機転を利かせた咲也(春組メンバー)のアドリブでした。そのおかげで問題のシーンも自然に滞りなく終えることができ、そのまま舞台は続きます。

 

 無事に千秋楽を終えた春組メンバー。舞台袖でみんなで感想を語り合ってるとき、なんと至さん、泣いてしまったんですよね・・・。

 これには本当にびっくりしました。確かにあんなアクシデントがあって、ちょっとは心動いたんじゃないかなとは思ってたんですが、まさか泣くほどとは・・・!ちなみに本人は「笑える」と真逆のことをおっしゃっておりましたが(笑)

 この舞台、かなりのハードスケジュールだったんです。しかも舞台に関しては全員素人。「絶対無理」と思われる環境の中でやり遂げたんだから、誰かは泣くかな?と思っていましたが、まさか最年長が泣くとはね・・・!私は座長の咲也が泣くと思ってたよ・・・。(茅ヶ崎至のダイマだから省いたけど、咲也くんもド素人からかなり成長したんだよ・・・。)

 

f:id:urokonoheya:20170211171249p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 こんな泣き顔見せられたらね、そりゃね、イチコロですよ!見事にドボンと落ちました!もうやだ!茅ヶ崎至好き!

 

 「ゲーム以外で面白いと思えるもの見つけた」と思ってくれた至さんは、公演終了後も劇団に残ることを決断してくれます。は~、めでたしめでたし。

 

 ・・・と、長くなりましたが、この絶妙なリアル感が茅ヶ崎至の魅力の一つだと私は思っています。この、「新・ぶら下がり社員」(※やる気はないが与えられた仕事はこなす社員のこと。)みたいな今時の若者っぽさ・・・。

 でもヒロインちゃんや春組の仲間たちとふれ合っていくことで心が動くんですよね~。このあたりは「二次元だな~^^」と思います。実際こんなにうまくいくかね・・・。なかなか難しいよね。

f:id:urokonoheya:20170211000043p:plain

©Liber Entertainment Inc.

 というわけで、このリアルと二次元のバランス感のよさが、茅ヶ崎至にまつわるストーリーの魅力です。

 

 

まとめ

 長くなったし重要なネタバレも書いてしまいましたが、どうですか?茅ヶ崎至いいでしょ?こんなん好きになるでしょ?

 至さんだけじゃなくて、他の子たちも個性派ぞろいで面白いストーリーに仕上がっています。ゲーム性はそんなに高くない(タップゲーの部類)けど、話は面白いよ!しかもフルボイスだからね!あとヒロインちゃん好き!団員たちに対していい感じに塩対応です(笑)

 

 今は夏組のストーリーを読んでいますが、こっちもメンバーの掛け合いが愉快で楽しいです。天馬と幸くんのケンカップル具合とかね・・・。初見推しのパリピ一成くん、絶対怒らせると一番やばいタイプな椋くん、謎多きさんかく三角くん・・・。夏は箱で推せる、うん。

 ちなみに秋は全員ヤクザらしいんだがどうなっているんだ(笑) 冬にいたっては遠すぎてだな・・・。今必死にランク上げしています。

 現時点で20人メインキャラがいるからね、茅ヶ崎至に限らずきっと推したくなるキャラがいるはず!「A3!」おもしろいです!気になった方はぜひ一度遊んでみてください(^▽^)

 

www.a3-liber.jp

 

 ところで夏組のストーリーで春組メンバーちょっとは出てくるのに、茅ヶ崎至だけほとんど(いや一切だったかな)出てこないんだけど、彼はゲームで忙しいのかな・・・(笑)(なお、公演予定がなくとも稽古は続けている模様。)

 

男性アイドルアニメまとめ

なんやかんやで結構観てるな~と思いまして、ちょっとまとめてみようかと。

・・・と、まずピックアップしたところ、結構どころか近年のものはすべて視聴してました(笑)

男性アイドルものって、女性アイドルものに比べるとすごく少ないんですね~。

 

あくまで私個人の視点から書いておりますので、「そういう考えもあるんだな」程度の目で見てください。

5タイトル挙げていますが、観たことのない方の参考にちょっとでもなればうれしいです。

 

亜種みたいなものは外して、「アイドル」に特化しています。

「アニメ」総評なので、当たり前ですがアニメ化してない作品も対象外。

作中で歌ったり踊ったりしている作品が対象。

2016年末までで5タイトルありましたので、簡単に紹介していきます。

(実は昨年から書き溜めていたものなので、現在の情報と齟齬があったらすみません・・・。)

 

うたの☆プリンスさまっ♪】アニメーション制作:A-1 Pictures

作画 :★★☆☆☆

CG :★★★☆☆

脚本 :★★★☆☆

構成 :★★☆☆☆

演出 :★★★★☆

キャラ:★★★★★

演技 :★★★★★

楽曲 :★★★★☆

総合 :★★★☆☆(3.5)

 

例えるなら「遊園地」みたいな面白さ

・言わずと知れた男性アイドルアニメの先駆け。

・テーマソング「マジLOVE1000%」のライブシーンで話題に。

・楽曲を手がけるのはElementsGarden。

キャラ全員平等にお当番回があり、ソロ曲がある。

・楽曲の存在を中心に物語が動く。

・曲シーンはミュージカルのごとく始まる。

ヒロインあり。今では有能な作曲家。ヒロインの存在強め。

・が、シリーズが進むにつれヒロインの存在が薄くなっていくような・・・。

ライブシーンはすべて手描き

・と言っていたのに3期でCGを入れた。これがひどい

4期のCGはかなり改善された!なにやらラブライブチームからだいぶ引っ張ってきたらしいw

・後半にいくにつれて明らかに作画が大変なことになっている。

とりあえず顔のアップでゴリ押しする。この顔すら崩れることも。

・ギャグあり、シリアスあり、曲あり、ライブあり。総合力が高い

・ストーリー性は高くはないが、何があっても「うたプリだから」で許せる

・アイドル養成時代~デビュー後まで一連の流れを楽しめる。

・アニメでハマった人は原作ゲームをプレイするともっと楽しくなる。

・新シリーズ企画進行中とのこと。

utapri.tv

 

少年ハリウッド】アニメーション制作:ZEXCS

作画 :★★★★☆

CG :-

脚本 :★★★★☆

構成 :★★★★★

演出 :★★★★☆

キャラ:★★★☆☆

演技 :★★★★★

楽曲 :★★☆☆☆

総合 :★★★★☆(3.8)

 

アイドルという名の「哲学」

・原作、脚本、シリーズ構成は橋口いくよ大先生。

・アイドルの卵たちの成長物語。

・登場人物の人生そのものに大きく踏み込んでいるあたり哲学

・「アイドルとは何か?」ということを深く考えさせられる。

・笑いあり涙あり。

ヒロインなし、シャチョウが強い世界。

・カケルが主人公?と思われるが、全編通してみると主人公が誰かはあまり問題ではない。

・作中の歌はあまり多くない。

・が、EDが毎回違い、キャラのソロ曲の時もある。そうでない曲も混ざっている。

・楽曲は全体的に古き良き時代を彷彿させる。

・キャラクターデザインは人を選ぶかも。作画は背景が綺麗。

ライブシーンは手描き。丁寧に作られている。

1話まるまる舞台、1話まるまる音楽番組、1話まるまるライブといったとんでもないことをやってのける。

・視聴者が自然と応援したくなるアニメ。

・舞台版、小説版をあわせることで数倍楽しくなる。

・現在クラウドファンディングに挑戦中。実現すれば最終話のライブ全編ver.が見られる

目標5000万達成しました!おめでとう!!

king-cr.jp

 

【ツキウタ。 the animation】アニメーション制作:スタジオぴえろ

作画 :★★★☆☆

CG :★★★★★

脚本 :★★★☆☆

構成 :★★★☆☆

演出 :★★★☆☆

キャラ:★★★★☆

演技 :★★★★★

楽曲 :★★★☆☆

総合 :★★★★☆(3.6)

 

彼らのほのぼのとした日常を覗き見る

・大人気ツキウタ。シリーズ待望のアニメ化。

・ということでアニメ以前の背景が多く、アニメはごく一部のコンテンツにすぎないという印象。

・アニメだけでも楽しめるが、キャラを覚えるのが大変かも・・・。

・見た目の特徴が薄い(髪色がぶっとんでない)、名前がみんな月の和名+漢字一文字で混乱する。

・OPは奇数話・偶数話でそれぞれのユニット(グラビ・プロセラ)のライブ。

ライブシーンは全てCGでよく動く

・物語はコメディ性が高い。あと非常にほのぼので平和

・各話はあまり繋がっていないのでバラバラにも観られる。

ヒロインはいないがツキウタ。シリーズの女の子たちが1話だけ出てくる。

・作中の歌は少ない。

・が、EDは毎回お当番制でソロ曲が流れる。

・すでにアイドルとして活動している彼らの日常を見守るといったゆるっとした雰囲気。

・あまり本腰を入れず、見たい時に見たい話をかいつまんで見るアニメ。

・やはりツキウタ。の世界を一から知っている方がより楽しめそう。

最終回は全編ライブ。特に最後の全員曲、曲から歌から作画(CG)からカメラワークから、何もかもが素晴らしかった。

・次はツキプロのアニメ化だぞ~!

www.tsukiani.com

 

【B-PROJECT 鼓動*アンビシャス】アニメーション制作:A-1 Pictures

作画 :★★☆☆☆

CG :-

脚本 :★★★★☆

構成 :★★☆☆☆

演出 :★★★☆☆

キャラ:★★★★☆

演技 :★★★★★

楽曲 :★★★★☆

総合 :★★★☆☆(3.4)

 

リアルすぎないリアルを追求した世界

西川貴教×志倉千代丸の強力タッグによるメディアミックスプロジェクト。

・アニメ化以前は楽曲と各ユニット15分程度のドラマCD、ニコ生などなど。

・そんなに多くないのでアニメから入っても全然OK。

・というか最初からアニメ化すること前提で活動始めたでしょ絶対

・アニメはおそらく目的ではない。コンテンツのごく一部という印象。

ヒロインあり。A&Rという聞き慣れない立ち位置。新人なのに有能。

・OPはライブ映像あり。手描き。A-1はCGに向かないということが改めてわかった。

・キャラが多いが髪色などの特徴で判別は比較的容易。

・アイドルの仕事の様子が多く描かれている。ドームライブという最終目標あり。

業界の光や闇がちょっと垣間見える。業界の動きが1番描かれている。

・ユニット別お当番回、一部キャラお当番回あり。

・西山貴教さんや明らかにザリ林さんなPが登場したりする。

・後半、作画が怪しい。さすがA-1。

・楽曲は作中挿入歌として流れる。ユニット&ソロでかきおろし。

・今後アプリゲームを出すらしい。そこに繋げていく気満々の雰囲気を感じる。

最終回だけクソ展開だった・・・どうしてこうなった。

・こんなにキャストが「2期ないんですかね?」って言ってるアニメ初めてだよ(苦笑)

bpro-anime.com

 

【ドリフェス!】アニメーション制作:BN Pictures

作画 :★★★★☆

CG :★★★★☆

脚本 :★★★★☆

構成 :★★★★☆

演出 :★★★★☆

キャラ:★★★★☆

演技 :★☆☆☆☆

楽曲 :★★★☆☆

総合 :★★★☆☆(3.5)

 

キャラもキャストも成長する2.5次元プロジェクト

バンダイナムコ×アミューズの2.5次元アイドル応援プロジェクト。メディアミックス作品。

・アニメ化以前からアプリゲームがある。アニメからでも全然OK。

キャストの棒読みに驚愕するかもしれないが、最初はぐっと耐えてほしい。

・むしろモブや幼少時代の頃のほうが喋りがうまく聞こえる不思議。

・双子キャラがいて、片方は棒なのに片方は流暢(CV.代永)なので大丈夫か?となる。

しかしすべては慣れです

・中の人は俳優であって声優出身ではない。なので多少は仕方ない。そういうコンセプトなので。

・「2.5次元アイドル応援プロジェクト」とあるように、中の人もキャラもまとめて成長を見守るスタイル。

ヒロインなしで、天宮奏がガッツリ主人公。

毎回ライブシーンがあり、すべてCG。さすがサンライズの系譜。

・アイドルはファンからの「ドリカ」を受け取り、衣装にチェンジする。変身バンクあり。

・やはり俳優なので、歌がうまいかどうかというと・・・。でも曲はいいと思う。

・全員お当番回あり。人が多くないので、お当番回やっても全体としてのストーリー性は高い。

・ユニットの下積みがきちんと描かれていて好印象。練習シーンも多い。

・シリアスシーンは結構泣ける。耐えて見続けてよかったと思う。

・事務所のライブでの優勝(するとデビューできる)を目指す王道の成長ストーリー。

・声優の棒以外は、作画もCGもストーリーも曲もよく出来てるのでわりとオススメ。

2017年に2期やります!!おめでとう!!

anime.dream-fes.com

 

まとめ

・アイドルの成長を見たいあなた!→ドリフェス

・アイドルの日常を見たいあなた!→ツキアニ

うアイドルが大好き!→うたプリ

業界の裏事情なんかも含めて楽しみたい!→Bプロ

哲学的観点からもアイドルを考えたい!→少ハリ

って感じですかねぇ・・・。

 

ストーリー性の高さは

少ハリ≧ドリフェス=Bプロ≧うたプリ>ツキアニ

アイドルものはアニメのストーリー性はあまり高くないものが多い印象。

少ハリは話もちゃんと作り込んでるかな。

ドリフェスはまだ1シーズンのみで初めましての段階だから、比較的丁寧に作られている。

Bプロの伏線の張り方がコテコテで笑う。最終話はアレだけど1話1話の脚本は面白い。

うたプリも1期は筋が通ってると思う。2期から少しずつ迷走気味。

ツキアニも最後のほうは話の流れが出来てたかな。

いずれにせよ、アニメが「目的」ではない感じなので、質の高いアニメが観たい人はそもそもアイドルジャンルじゃないほうがいいかもね・・・。

メディアミックスが前提で、コンテンツそのものにハマってもらって、そこからいろんなメディア(ゲームとかグッズとか)にも手を出してもらう作戦なのでしょう。

 

アニメだけでお手軽に楽しめる度は

ドリフェス>うたプリ>ツキアニ≧少ハリ≧Bプロ(闇)

かなあ。

ドリフェスはメディアミックス作品だけどまだあまり展開が多くない印象なので、アニメから入るのがいい感じ。

うたプリ&ツキアニはアニメだけでも面白いけど、ハマると他のメディアもチェックしたくなるため、お金がないと厳しい。(その分楽しいけどね。)

少ハリは小説版を読んでいないとわからないことが多かったり・・・。アニメを見ててもたまに「?」となることがある。

Bプロは最終回がアレなんでお察しです。それを許せるなら、全体の構成がうたプリやツキアニよりも凝ってるのでアニメとしては面白いです。

 

最後に

うたプリはゲームとアニメで設定が違う点もあるので、アニメはアニメとして単独で楽しんだほうがいいかも。キャラが気に入ればゲームもどうぞ。正直ストーリー性は1000%がMAXで、以降は微妙。お当番制の枠に縛られている。もう少し全体の構成を考えて自然にお当番回を入れられないものか・・・。

ツキアニはアニメのストーリー性が低いからお手軽に楽しめる。けど途中でちょっとマンネリするかも。制作側も本腰入れて見るようなアニメとしては作っていないみたいなので、好きな回をかいつまんで見るイメージ。

少ハリはアニメだけでも話は一応楽しめるけど、バックを知っているほうがより楽しめる。ストーリー性は高いので最初から最後まで見たほうがよい。

Bプロは王道展開の上に業界の闇も見えて途中までは面白かったんだけど、本当に最終回がクソなのでアニメはあまりオススメしない。

ドリフェスは声優の棒以外は普通にアニメとして面白いので、できればぐっと耐え抜いてほしい。「声優の演技がちゃんとしてないと感情移入もできないし面白くない」という方は他アニメをどうぞ。

 

ここまで書いて気づいたこと

どのジャンルも次のアニメに向けた展開が見えるのに、あんな最終回を迎えたBプロだけ先が見えなくて笑うwww

普通キャストって大人の事情もあったりして「2期やりたいね!」とか堂々と言わないものだと思うんですけど(言っても「皆様の応援次第でもしかしたら・・・」程度)、このジャンルに関しては複数の中の人が「これ続き必要でしょw」って言っちゃってる・・・うん・・・そりゃ言いたくもなるわ・・・。

 

冬はマジ4を見ます。

この先あんスタとアイナナもアニメ化予定があるので、数的に男性向けにはまだ遠いもののどんどん増えていきますね~。

 

続きで番外編(亜種)のご紹介です。

続きを読む

2016年のワイが語る右レンの話11連発

注:この記事は腐ネタを含みます。

 

urokonoheya.hatenadiary.com

こちらの前回の記事を読んでいただいたみなさんありがとうございました。

見事にAクラスの途中の途中で終わっていたわけですが…(笑)

 

なんと別ver.でプリンス10人+リューヤさん、あります(笑)

また違うタイミングで暇だったんですね~。また載せてみようと思います。

あくまで私の解釈、趣味嗜好なので「へえ~こういう考えの人もいるのね」程度で流してやってください。

順番は特に意味はないです、思いついた順。

 

<以下、原文ママ>※2016/08/04

 

<うろこさんが考える音レンによくあること25選>

【音也】

・レンに憧れを抱いている

・レンはお兄ちゃん

・ストレートにぶつかっていく

・言葉より体が先に動く

・それが恋だと気づかない

・拒絶されてもめげない

・よく泣く

・周りが思うよりも周りをよく見ている

・セッの時の雄度がすごい

・先のことは考えない

【レン】

・音也を弟のようにかわいがる

・まっすぐ来られると避けきれない

・なんでも許してしまう

・本当はめちゃくちゃ好き

・でも悔しいから絶対言わない

・基本泣かない

・いざというときにはやっぱり大人

・大事な時(主にしかる時)だけ「音也」って呼ぶ

・精神的には攻め

・いつか終わりが来るだろうとぼんやり考えている

【音レン】

・案外別れない

・そもそも付き合ってない

・付き合うよりフィジカルコンタクトが先

・恋人というかお友達感覚

・やることはやるけどね

 

<うろこさんが考えるマサレンによくあること25選>

【真斗】

・レンのことは嫌いではない

・なんだかんだで気にかけてしまう

・他メンツに「好きなんじゃないの?」と指摘されてしまう

・「違う!」と全力否定

・吸収率が高く、覚えたことは完璧にできるしむしろそれ以上

・頭でひたすら考えた末、言葉には出さずいきなり行動する

・言葉にするとやたら恥ずかしいことを言う

・心のどこかでレンに対して「こいつには敵わんな」と思ってる部分がある

・割と泣かない

・もっともらしいことを言うが論理破綻が多い

【レン】

・真斗のことは体のいいからかい対象だと思っている

・才能とか実績とか、認めてるところは認めてる

・大人だからね

・このようにいまだにお兄ちゃんぶる

・でもライバルとして負けたくはない

・真斗の好意に気づいている

・リアクションが気になるので「オレのこと好きだろ」とか言っちゃう

・それで肯定されるとどう反応していいかわからずひるむ

・聖川の覚えがいいのが癪

・「好き」とか絶対言わないツンデレ

【マサレン】

・最終的に幸せにはなれない

・要するに別れる

・聖川はフィジカルコンタクトをしたがるがレンはそこまででもない

・非建設的なケンカが多い

・他CPにおいても、この2人には恋人ではないけども謎の絆がある

 

<うろこさんが考える蘭レンによくあること25選>

【蘭丸】

・レンには基本塩対応

・くっついてからのデレがすごい

・周りにはクールを装っているが、内心レンのことが好きで仕方がない

・レンが他の人と楽しそうにしているとかなり嫉妬している

・口には絶対に出さないけど

・キスがうまい

・嫌そうにしながらも愛の言葉は結構言う

・でも言葉より行動で示す方が多い

・「ランちゃん」呼びに慣れすぎてやばい

・たまに周囲に対して素でデレモードを披露してしまう失態あり

【レン】

・どこからどう見ても蘭丸の彼女

・かなりの甘えん坊

・すきあらば隣をキープ

・拒絶されてもめげない

・愛の言葉を存分にぶつける

・たいていは流される、それでもめげない

・ランちゃんとするセッが大好き

・泣きたいときに泣けないタイプ

・蘭丸に迷惑だけはかけないようにかなり気を遣っている

・なお、迷惑の基準は蘭丸とレンでかなり違う

【蘭レン】

・蘭丸嫉妬モードの夜は激しいがレンは嬉しく思っている

・基本別れないが、別れるとしたらレンから

・でも蘭丸の力でヨリ戻しそう

・レンは蘭丸の家に住みつく

・結構頻繁にデートしてる

 

<うろこさんが考えるトキレンによくあること25選>

【トキヤ】

・ハイスペックなレンがうらやましくて仕方ない

・いっそ憎いくらいうらやましい

・憎さ余って好きになってしまった←?

・と、トキヤ自身もわけがわからないと思っているが好きなものは好き

・割と身体接触を好む

・レンの弱点を熟知していて集中的に責める

・結構嫉妬深いのでつねにレンを監視している

・ベッドの上で急におとなしくなるレンが好き

・レンに何を伝えてものれんに腕押し感なのが悩み

・レンは自分を下に見ているようだが、最終的には勝てると思っている

【レン】

・トキヤのことは好きだけど、そういうのではなかった・・・

・でも好かれて悪い気はしない

・「へえ、イッチーが上なの?(ニヤニヤ)」って感じ

・精神的には攻め

・お前が抱きたいっていうなら下になってやってもいいよという上から目線

・いざ事に及ぶとちょろい

・時々「トキヤ」と呼んでドキッとさせるのが趣味

・トキヤにしかられるのは嫌いじゃない

・少々Mっ気がある模様

・トキヤのことを泳がすけど最後に一枚上手なのはレン

【トキレン】

・トキレンなんだけどレントキ70%くらい前提

・トキヤの攻めへの執念と、レンの譲歩から成り立つ関係

・時間が合えば会う、といった感じでべったりはしない

・飽きたら別れてもいいとお互いに思っている

・でも決定的なきっかけもなくずるずると続いちゃうタイプ

 

<うろこさんが考えるカミュレンによくあること25選>

カミュ

・レンに対する印象「悪くない」は最高の褒め言葉

・運転技術に対する信頼は人一倍

・付き合う前は素っ気ないが、付き合い出すと結構束縛する

・レンのことは「ただ者ではない」と思い続けている

・呼び名にこだわりはないが、たまには「カミュ」と呼ばれてみたい

・でも「バロン」も特別な感じがするので気に入っている

・ただし爵位を落とされているのは気にくわない

・「レン」呼びをするとつい癖で執事モードが発動される

・懐かれた当初は「物好きだな」と思った

・正直今でも思ってる

【レン】

・バロンのことが好きすぎる

・レンが最も助手席に乗せるのはカミュ

・割といちゃいちゃしたがる

・実際あまりしてくれない

・でも場所がカミュの家だとどろどろに甘やかされる

カミュのことは「ただ者じゃないな」と思いながら詮索はしない

・名前で呼ばれると物凄くドキドキしてしまう

カミュが時々見せる笑顔が大好き

・伯爵モードだと激レア

カミュと付き合ってるレンの笑顔が1番だらしない

カミュレン】

・付き合っていることを周りに言わない

・薄々みんな気づいてる

・たまにカーセクだの執事プレイだの特殊プレイに走る

・セッの時以外はベッドは別

・別れない

 

<うろこさんが考える翔レンによくあること25選>

【翔】

・当初はレンのお世話係だった

・レンに対する印象「デカい弟」

・「こいつは俺がいてやんないとダメだな~」と思っていた

・そのためには恋人にするのが手っ取り早かった

・付き合いだしてもあまり恋人らしいことはしない(できない)

・彼氏になっても依然どこか馬鹿にしている態度がムカつく

・でもそういうところも含めて受け止めてやりたいと思っている

・自分にはないものばかり持っているレンがうらやましい

・うらやましいし、純粋に尊敬もしてる

・「翔」と呼ばれたい

【レン】

・兄貴肌の翔にべったりというキャラ設定で遊んでいる

・自分の方が年上で経験豊富であるというプライドは捨ててない

・でも翔が本当に面倒見がいいのでつい甘えてしまう

・最初はノリで付き合い始めたが、だんだんのめり込んでいく

・小さくてもちゃんと男の体をしている翔に気づいてドキリとする

・レンも翔は自分にないものを持っていると思っている

・絶対に口には出さないけど

・いちゃいちゃしなくても不満はない

・一緒にいるだけで楽しいし幸せ

・付き合い始めると名前で呼ぶが、「おチビちゃん」も気に入っているので依然使う

【翔レン】

・プラトニックの期間が長い

・かなり入念な準備の上事に及ぶ

・何気に喧嘩が多い

・翔が関係に疲れていることをレンが察して、レンから別れる

・翔は納得できずに許さない

 

<うろこさんが考える藍レンによくあること25選>

【藍】

・愛情より興味が大きい

・年上ぶられるとちょっとむっとする

・かといって後輩ヅラして甘えられてもそれはそれで動揺する

・レンからいろんなことを教わりたい

・教わったことはすべて倍返ししていくスタイル

・全部レンが初めて

・言うまでもなくドS

・欲情して体に起こる変化を、当初はすべて誤作動だと思っていた

・自分がロボットであることをレンに言っていない

・唐突に愛の言葉を言い出してレンを驚かせる

【レン】

・なんでこんなに年下のことを好きになったんだろう・・・

・不覚にもドキドキさせられるから重症だ・・・と自覚している

・藍のことを自分色に染められるんじゃないかと思うとわくわくする

・が、その願いは叶わない

・先輩には敵わない

・自分が教えたことをさらりとやってのけるのでこっちが恥ずかしい

・アイミーになら何をされてもいい

・オレがされる側でもいい

・ゲームにて、藍はチートなのに気づかず「アイミーってすごいね!」と思ってる

・時々やきもちを妬いてくれるアイミーがいとおしい

【藍レン】

・告白は藍から

・別れるのも藍から

・ずっと長いことキス止まり

・藍がいろいろ頑張った末初めてに至る

・行為中に藍は初めて「好きだ」という感情の本当の意味を知る

 

<うろこさんが考える嶺レンによくあること25選>

【嶺二】

・神宮寺レンのことが苦手

・どう接したらいいのかわからない

・一度いじったら意外と普通だったので、そこから急に仲良くなる

・いじってもいいんだ!と

・実は嫌いではない、距離感が掴めないだけ

・年が6つも離れていることをたびたび忘れる

・レンが結構ピュアなので驚く

・そして自分の汚さに失望する

・レンの前では弱音を吐かない

・あらゆる愛の言葉が嘘くさい

【レン】

・寿嶺二のことが苦手

・どうやら自分のことが嫌いなのではないかと思っている

・大人なので適度な付き合いはする

・嫌われてないと知ってから急に懐く

・いつか「嶺二さん」と呼んでやりたい

・嶺二が年上であることをたびたび忘れる

・忘れた頃に大人な一面を見せられてドキリとする

・嶺二とセッすると骨抜きにされてしまうのが恥ずかしい

・気づけばものすごくのめり込んでいる

・他人に似たもの同士だねと言われるとちょっと照れくさい

【嶺レン】

・付き合う前にセッしてる

・付き合うまでの期間が長い

・付き合いだしても周りには特に言わない

・別れるときは嶺二から

・ということをレンは薄々察して恐れている

 

<うろこさんが考える那レンによくあること25選>

【那月】

・レンがかわいくて仕方ない

・でもちゃんとかっこいいとも思っている

・那月にとってレンは憧れの同級生

・レンの頭を撫でるのが好き

・隙あらばイチャつこうとする

・1番楽しい時間は2人で料理をしているとき

・セッが上手

・性に奔放

・もっとレンに甘えてほしい

・レンより体つきががっしりしている

【レン】

・いまだに那月のことは読めない人だと思っている

・時々話がかみ合わないなと思うことがある

・でも気にしない

・那月の料理が大好き

・那月に甘えられると断れない

・かわいくて仕方ないので

・時々かっこいい一面を見せられると動揺する

・自分より大きい人はあまりいないので軽く見上げるのが新鮮

・那月のためにピヨちゃんグッズを集めている

・なんだか恥ずかしくて今さら「那月」と呼べない

【那レン】

・毎日一緒に寝るのでベッドが大きい

・セッの頻度が高い

・アクロバティックな体位

・気づけばところ構わずキスしてる

・別れそうになっても別れない

 

<うろこさんが考えるセシレンによくあること25選>

【セシル】

・レンの女好きは悪魔のせいだと思っており、その悪魔を取り除いてあげたい

・だからワタシと付き合いましょうという超論理

・かなり嫉妬深い

・レンに厳しい

・が、甘い言葉も連発する

・レンとの関係の詳細について、うっかり周りに口をすべらす

・うまくいかないことがあると泣いてしまう

・レンは知らないことをたくさん教えてくれるので助かっている

・キスより先をよくわかっていない

【レン】

・弟のようにかわいいと思っていたセシルといつの間にか付き合うようになっていた

・戸惑いながらも関係を続ける

・セシルと付き合いだしてから女遊びができなくなった

・年下のセシルに口説かれるとどうしたらいいかわからなくなる

・ぎこちないながらもあらゆることを受け入れている

・いつ抱いてくれるのかとやきもきしている

・むしろこっちが抱いてもいいのか・・・?

・でもセシルがすごく怒りそうな予感がして手が出せない

・キスはするけど舌さえいれられない

・甘えられると断れない

【セシレン

・スーパープラトニック

・意外と人前ではいちゃつかない

・二人きりになるとすごい

・別れるという概念すらない

・スローペースに進む恋愛

 

<うろこさんが考える龍レンによくあること25選>

【龍也】

・レンは手のかかる生徒

・思い入れも多い分、つい気になってしまう

・芽生えた情はいつしか愛情へ

・ダメ元で「付き合ってみるか」と言ったらなぜかOKが出た

・いざ付き合うとなると慎重になりすぎる

・一度リミッターを外すと歯止めがきかなくなる

・レンの前では常に大人でいなければならないと思っている

・レンが時々自分よりハイスペックなのが憎たらしい

・「父親」になってはいけないと思っている

・あくまでも「恋人」としてレンを支えてやりたい

【レン】

・初めて自分から人を好きになったような気がしている

・気がつけば龍也のことばかり考えていた

・告白にはクールに対応したが、内心とても嬉しい

・付き合いだしたがなかなか手を出してくれないことに不安を感じている

・龍也のことは大人だと思っているが、たまには子どもっぽい一面も見たい

・ずっと一緒にいたい

・一方で、龍也の人並みの幸せを邪魔しているのではないかという思いもある

・いつか龍也を自由にしてあげないとと思っている

・たまに本音を言う、たまにしか言えない

・龍也に見合う大人になりたい

【龍レン】

・レンが龍也の部屋に転がり込んでいる

・ベッドは基本別

・事務所内には報告済み

・別れるとヨリを戻すを繰り返す

・アブノーマルなプレイはしない

 

<原文ここまで>

 

いやあ、長かったのにここまで読んでくれた方はありがとう!

「わかる~」って思ってくれてもいいし、「それはちゃうやろ!」って思ってくれてもいい。

この記事をきっかけに自身の右レンについて、さらに考察を深めてみてください。そしてよかったら、いろんな形で世の中に還元してください(^^)/

2015年の私が語っていた右レンの魅力

注:この記事は腐ネタを含みます。

 

しばらく書いてなかったんですけど、定期的に更新するために作ったブログではないので別にいいかな…と思いつつ、せっかく年が明けたので(あけましておめでとうございます!)何か書きたいなと思っていたら、なんだか興味深いメモが出てきたので原文ママで載せてみようと思います。

 

<以下、原文ママ>※2015/07/30

うろこさんが語る右レンの魅力~キャラ別~

○音レン

 順番にやっていこうと思ったら大本命がトップに来てしまいました♡これはもはや運命だよ。

 音レンの魅力といえばなんといってもその字面。あらゆるレン受の中でこの3文字の並びが最も萌える。なんでしょう、「音」っていう字と「レン」っていう字の相性がいいんじゃないかな??え?何言ってんのか理解できない?しょっぱなからレベル高くてごめんね。

 さて気を取り直して、音レンの魅力をひとことで箇条書きしてみますと、

・兄弟みたい

・お互いにageまくってる

・まっすぐ×余裕ぶってる

 他にもいろいろあると思うけど、今回はこのへんで。(他CPも3つずつ挙げる形式にしようと今決めた。)

 それではひとつずつ掘り下げます。

 

・兄弟みたい

 音也は「レンはお兄ちゃんって感じ!」と兄指名していますし、レンは音也を「かわいげがある」という理由で弟にしたいメンバーに指名しています。これ公式です。Star Light Rainbowとかいうムック本が元ネタ。暖色兄弟かわいすぎるでしょ~。

 

・お互いにageまくってる

 音也はよく「レンってかっこいい」とか「レンの歌好き」とか言ってます。リスペクトしてるんでしょうね。「もし自分が女だったら、恋人にしたいメンバーは誰?」との問いに対しては、「女の子の扱いが上手」「気が利きそう」との理由でレンを挙げています。音也にとってレンは、自分がなりたい理想の男性像なのかもしれません。

 一方でレンは、音也のことを肯定的に認めているようで、「イッキは明るいしモテそう」「太陽みたいだよね」との発言を残しています。特にこの「太陽みたい」って…同人誌じゃないんだからさあなた…。しかもこの発言に関して、「恥ずかしいから本人の前では絶対に言わないけど(笑)」と言ってるあたりが最高に音レンですありがとうございました。女の子にはそういう褒め方平気でしそうだけど、音也(というか男子?)相手には言えないんだあ…レンくんも男の子なんだね…。

 

・まっすぐ×余裕ぶってる

 好きと気づいたら一直線な素直な子×余裕な大人ぶってるけど実は真正面から来られると弱い子のCPが大好きです!!同志のあなたは音レン好きになれるよ!この傾向ってレン春にもある気がしてて、レン春スキーで音レンスキーな方って結構いらっしゃる気がしてます。春ちゃんがレンに対してまっすぐガンガン来ると、レンくんちょっとたじたじになりますよね。かわいい。

 話がずれました。音レンに戻しますと、素直でまっすぐで純粋な音也に影響されてちょっとだけ素直になるレンっていう図が素敵だと思います。恥ずかしそうにしながら「好きだよ」って言うのが最高にキュートです。内心では「認めたくないなあ」とも思ってるんですが、音也が満面の笑みで「ありがとう!俺も好きだよ!」って言うから結局ほだされる。ただ年下×年上なので、レンが音也にまんま甘えるってことは少ないです。そこらへんの葛藤も萌えますな。レンは音也には甘えなさそうなので(後で書きますが、翔レンだとレンは翔に甘えてそう。)。そのあたり、やっぱり音也とレンは他人なのかなあとも思います。音也はもちろんレンを甘やかしたいんですが、なかなか来てくれないのでちょっぴり不満に思ってます。

 というのが学園~今くらいの音レンだとしたら、10年後の音レンは変わってないようで変わってるくらいの関係がいいなと思っています。音也はよくも悪くも変わらないんだと思います。レンの影響を受けてスパイス程度に大人の駆け引きができるようになってるとグッドです。レンは本当の余裕が出てるんじゃないかな。視野が広くなって、些細なことでは動じない感じ。ここまで来ると音レンは別れません(笑)

 音レンが別れるのは、付き合い始めて3~5年くらいだと個人的には思っています。順調に学園~デビューあたりから付き合い始めたとしたら、2人とも20代前半くらいでしょうか。大人になって、世界の見え方がちょっとだけ変わってきたあたりで、「このままでいいんだろうか、このままでいられるんだろうか」ってどちらも悩みそう。それまでは「今が大事」ってスタンスで来たのに、自分のキャリアのことも含めて未来のことを考えないといけなくなって、そこで自分たちの関係を見直すことになりそうです。ここで別れるか別れないかは、彼らの決断次第。

 

 まとめ

 音レンは運命CPではなく、なんとなくそばにいたからくっついちゃったCP感が強いなあと思っていて、それがゆえに「別れる」「別れない」と悩んじゃうんだろうなあと思います。

 正反対のキャラではないけれど、同族とも違う。似てないようで似ていたり、似てるようで似ていなかったり。そういう微妙な関係の二人だからこそ、一番リアルな友達っぽい仲良しCPになるんじゃないかな。

 ほぼ足し算の関係でもいいし、そこからうっかり恋愛に転がっちゃってもおいしい。付き合ってなくてでも体の関係はあって…もアリ。いろんな楽しみ方があるカプですね!全体的に、「愛」というよりは「恋」なんじゃないかと思います。

 欲を言えば、もっと公式の絡みが欲しいです…。

 

○マサレン

 レン受の中で一番強いカプだと思います。今後、レン受でどんなカプが出ようと流行ろうと、マサレンに勝てるCPはないと思います。それくらい、真斗とレンって因縁深いんですよね…。

 ところでなんで「真レン」ではなく「マサレン」なのか非常に気になるところなんですが…(レンマサも同様)。

 さてさて、私が考えるマサレンの魅力3つです。

・因縁カップル

・神宮寺が嫌いな聖川の「デレ」

・いつまでも「お兄ちゃん」ぶりたいレン

 なかなか業が深そうなポイントですよ…。それでは一つずつ。長くなりそうです。

 

・因縁カップル

 まず公式設定でライバル扱いされてますから。しかも他の同室に比べてダントツで仲が悪い(※学園時点)。ひたすらぎゃんぎゃんケンカしているように見えて、実はそれぞれ大人な面もあるので、いわゆる単純な「ケンカップル」とは違うかなあと思っています。たとえば真斗はレンのことをあまり相手にしていなかったり、レンは真斗のことを認めてる面もあったり。元々昔は仲が良かったようなので、2人をライバルにするものはやはり「家」なのでしょう。それがなければこんなことにはならなかったのかも…。それに、デビュー後、「家」問題が解決してからは、二人は急速に仲良く(笑)なっています(笑)なので「ケンカップル」ではなく「因縁カップル」です。

 

・神宮寺のことがどうでもいい聖川の「デレ」

 これまたデビュー前の話になるんですが、聖川真斗って神宮寺レンのこと「好き」でも「嫌い」でもなく、「どうでもいい」と思ってたと思うんです。だってレンがやけに真斗につっかかるのに、真斗の反応ってひどくそっけないことが多い。それって「興味がない」からなのでは…。「好き」の反対は「嫌い」じゃなくて「興味がない」ってよく言いますけど、それをマジでやってのける聖川真斗!さすが!

 あと真斗って妙に大人げないところがあって、レンのことをほとんど認めないんですよね。対してレンは適切に真斗のことを見極め、ライバルとして認めてる部分はちゃんと口に出しています。

 とまあこの通り、聖川はものすごくレンに対して辛辣なんですが、これを踏まえて真斗がデレたときは最強だと思います。デビュー前だとあまりなかったような気がしますが、二次創作の世界だとツン:デレ=9:1だと非常に萌えます私が。その真斗のデレに対して「え…?(困惑)」ってなるレンがかわいいです、はい。

 私の聖川の解釈がこの通りなので、2人がフィジカルコンタクトするにはかなりの時間を要するか、いっそ肉体関係なし!もあるかと思っています。でも数値的に真斗=身長181cm体重64kgに対してレン=身長183cm体重63kgが激熱なので、フィジカルコンタクトあってほしいですね。なんでしょうね、聖川に魔が差せばいける気がします。レンの襲い受けは個人的にはないかなー…。

 

<原文ここまで>

 

途中までっていうのがまたじわじわくる…。

はたしてこの続きはどこかにあるのだろうか…。